女性

憧れのフェイスライン

背中

エラ張顔の解消

エラの張った顔は、顔が大きく見えてしまうだけでなく、いかつい感じを相手に与えてしまいます。エラ張りを解消して、小顔になるための方法として、ボトックス注入が人気になっています。ボトックス注入の施術は、治療時間も十分程度と短く、費用も比較的に安く、気軽に行なうことができます。ボトックスとは、筋肉の働きを抑制することができるたんぱく質になります。エラ張り顔を解消するために、エラ張りの原因とされる咬筋と呼ばれる筋肉の発達を弱めることにより、すっきりとしたフェイスラインを手に入れる方法になります。また、エラ張りだけではなく、太ももを細くするなど部分的に筋肉を落とすことにより痩身効果もあります。治療を受ける前に、クリニックの医師にカウンセリングを受けることが大切です。そして、カウンセリング時に大切なことは、なりたい自分もイメージを明確に伝えることが大切です。医師は、その内容によって、注入をする量や、注入場所を決定します。イメージを曖昧に伝えてしまうと、医師との意思の疎通が上手くいかずに、意図しない部位が痩せてしまう場合があります。ボトックスは、筋肉を弛緩させて、筋肉の発達を抑えることによって痩せる効果があります。施術後に気を付けることは、ボトックスを注入した部分に筋肉を再び使い過ぎてしまうと、効果が薄れてしまいます。エラ張りの施術を行なった場合、顎に筋肉を使い過ぎないことが必要です。例えば、施術後にガムを噛んだり、するめなどの硬いもの噛んだりするのは控えることが大切です。また、ストレスや癖などで、奥歯を噛み締めたり、寝ているときの歯軋りも気を付けたりする必要があります。ストレスの無い生活を心掛ける必要があります。ボトックスは、熱に弱いために、施術後3日ほどは、熱いお風呂やサウナは避ける必要があります。身体を温め過ぎないように、シャワーにするか、お風呂に入るときも長湯をしないことが必要です。せっかくの、施術の効果が無くなってしまう可能性があります。妊娠中の女性は、胎児への影響があるためにボトックスの注入を受けることができません。施術後の3ヶ月程度は、妊娠は控えた方がよいと言われています。